北和支部2月例会

中和支部2月例会

2017年2月ブロック会一覧

障害者問題委員会2月

近畿圏女性部合同例会

青年部会2月MG研修

青年部会2月例会

「目標を明確にすると会社が変わった」

~経営指針書の魅力伝えます~

報 告 者/孫七瓦工業㈱・代表取締役社長 清水 良洋 氏

今回の例会では「人を生かす経営」の本のコピーを参加者に配布し、清水氏の指示で参加者が本に書かれている重要な行にマーカーを引くという参加型で行われました。

まず経営指針書を作成するにあたり「人を生かす経営」の大切さについてのお話をされました。そして「人を生かす経営」なくして経営指針書は意味を持たないことをお話ししていただきました。「経営者である以上、いかに環境が厳しくとも、時代の変化に対応して、経営を維持発展させる責任があります」という箇所以降にそのことが書かれています。経営者には覚悟が必要と確認された方が多くいたのではないでしょうか。

青年部会例会①

清水氏は、会社経営をされるうえでこのままでは会社が倒産してしまうというところから何かしなくてはと言うときに経営指針書をつくろうと考えられました。そして、指針書ができれば会社が良くなる事を信じて取り組まれましたが、つくることでは会社は良くならなかったのです。指針書をつくり実践してこそ指針書なんだということを語られていました。つくり続けているからこそ見つかる経営課題、そして社員と共有し共に学んでいく事で進化し続けるものになると伝えていただきました。

指針書をつくっても実践せずに本棚に眠ったままの方もおられるんではないでしょうか?指針書は、毎年見直しそして時代と共に変化していくものなのです。今つくってこれで良しではなく見直し新しくしていく事が大切です。そして社長の思いだけではなく社員の思いも入れながらどんどん進化していき、会社の明るい未来を指針書に描いておられます。

今回の青年部会例会では次回の経営指針成文化&実践セミナーへ参加されると決意表明された方が多数おられ経営指針書の大切さが伝わった良い例会になりました。(㈲エフミ 畑 公人)

青年部会例会②