会員氏名 安本 昌広
会社名 株式会社ワカクサ
役職 取締役営業部長
業種 製造業
PLASTICに生命を吹込む「ものづくり」
住所 奈良県葛城市兵家227
web https://wakakusa-ltd.co.jp/
経営理念 PLASTICに生命を吹込む「ものづくり」を通じて、
関わるひとが「幸せになる」会社
~感謝と愛をもって、三方よしを追求する~

安本 昌広氏自己紹介

あなたは同友会で何を学んでますか?(学びますか?)同友会に何を期待しますか?

自分自身の成長&奈良で一番の学びの場をつくる

何屋さんですか?(事業ドメイン)
あなたは(経営者として)何のために仕事をしていますか?
社員と一緒にどのような会社にしたいですか?

PLASTICに生命を吹込む「ものづくり」を通じて、
関わるひとが「幸せになる」会社
~感謝と愛をもって、三方よしを追求する~

共に働く社員にどうなってもらいたいですか?

感謝と愛をもって・・・
この「感謝と愛」という気持ちをもてば、
自分自身の「心や人生をより豊かにする」ことができる
仲間の望む「幸福な人生」を一緒に追求することができる
自分自身の「成長」に繋げることができる
また、「感謝と愛」の心をもつことで、自分自身の幸福感を高め、自分自身の活力を高め、関わるひと達すべてに良い影響を与えられることも出来る。

株式会社ワカクサ 紹介

会社の強みはなんですか?

プラスチック(PLASTIC)の語源はギリシャ語の「PLASTIKOS(塑像の)」に由来していて、一般的に可塑性物質という意味があります。
可塑性とは力を加えると変形し、その力を除いても形状が保たれる性質をいいます。
このPLASTICはどんなカタチにも変えることが出来ます。
わたし達の仕事は、
「色々なカタチにPLASTICを変え、生命を吹き込むことが出来る仕事」です。
また、使われなくなった生命にも
「新たなカタチにPLASTICを変え、生命を吹き込むことが出来る仕事」です。
PLASTICに関わる製品設計・試作・製造・加工・配送までワンストップ。わたし達は社会から必要とされる「もの」を「つくり」提供しています。

これから会社が進んでいく領域は?

プラスチックのリサイクル事業

地域社会に対する考え方は?

三方よし・・・
「三方よし」の「3」という数字の意味は、「売り手」「買い手」「世間」です。
この言葉は、現在の滋賀県にあたる近江に本店を置き、江戸時代から明治時代にわたって日本各地で活躍していた近江商人が大切にしていた考えです。
信頼を得るために、売り手と買い手がともに満足し、さらに社会貢献もできるのが良い商売であると考えていました。

わたし達も、自分達の利益ばかりを考えるのではなく、社会から必要とされる製品を、顧客やパートナー企業と共にWin-Winの関係を構築しながら、そこで得た利益を今度は社会貢献にも繋げ「三方良し」を目指します。

何を通じて存在意義を発信していますか?

PLASTICに生命を吹き込む「ものづくり」・・・
プラスチック(PLASTIC)の語源はギリシャ語の「PLASTIKOS(塑像の)」に由来していて、一般的に可塑性物質という意味があります。
可塑性とは力を加えると変形し、その力を除いても形状が保たれる性質をいいます。
このPLASTICはどんなカタチにも変えることが出来ます。

わたし達の仕事は、
「色々なカタチにPLASTICを変え、生命を吹き込むことが出来る仕事」です。
また、使われなくなった生命にも
「新たなカタチにPLASTICを変え、生命を吹き込むことが出来る仕事」です。

どんな価値を提供して社会に貢献していますか?

プラスチック(PLASTIC)の語源はギリシャ語の「PLASTIKOS(塑像の)」に由来していて、一般的に可塑性物質という意味があります。
可塑性とは力を加えると変形し、その力を除いても形状が保たれる性質をいいます。
このPLASTICはどんなカタチにも変えることが出来ます。
わたし達の仕事は、
「色々なカタチにPLASTICを変え、生命を吹き込むことが出来る仕事」です。
また、使われなくなった生命にも
「新たなカタチにPLASTICを変え、生命を吹き込むことが出来る仕事」です。
PLASTICに関わる製品設計・試作・製造・加工・配送までワンストップ。わたし達は社会から必要とされる「もの」を「つくり」提供しています。

何を通じて何を担っていますか?

ひとが「幸せになる」会社・・・
PLASTICに生命を吹込む「ものづくり」を通じで、
「この会社があってよかったな」
「この会社で働けてよかったな」
「いい会社だね」
と言ってもらえる会社が、ひとが「幸せになる」会社です。

わたし達は、ワカクサという会社を通じて、
全社一丸経営(チームワカクサ)で、自分自身を含めたワカクサに関わるすべてのひと達、一人ひとりの「ものがたり(人生)をHAPPYにしていくこと」を目指します。

[2020年1月8日入力]