平成24年生駒商工会議所主催の「新しいお土産制作コンテスト」で見事優勝された緒方さん。生駒の竹の器、生駒の酒粕、高山の黒豆とオール生駒の原材料を使った、「たけひめプリン」で知名度が上がり、次々と仕事が入るようになりました。

外資系の会社に勤め男女の隔てなく働いてこられた緒方さんは、輝く女性を応援する政策の後押しを受け、生駒市で起業支援を行うインキュベーションオフィス「IKOMA-DO(イコマド)」の立ち上げにかかわったり、スイーツプロデューサーとして走り回ったりする忙しい日々。

常にできる努力を全て出し切る、手抜き妥協を許さないひたむきさで、深夜まで黙々とデザートの新商品や新しい事を考えている時が1番楽しいと笑顔で語っておられました。
今後の課題は、ひっきりなしに入る仕事の依頼をうまく整理すること。繁忙期に対応した人づくりと協力いただける外部環境を整え、同友会の学びに参加する時間を創ること、そして女性が社会で活躍する支援をすることだそうです。

(株式会社パートナーズ 中野 徹)