同友会について

  • HOME »
  • 同友会について

同友会とは

中小企業家同友会とは、中小企業家の皆さんのあらゆる悩みにこたえ、共に解決する集い、それが中小企業家同友会です。 異業種の経営者の集まりの中から、自由な交流・議論が行われ、強じんな経営体質をつくることを目的としています。

同友会3つの目的

  1. よい会社をめざす
  2. よい経営者になろう
  3. よい経営環境をめざす

社会から、あてにされ、社員が生きがいを持って働き、永続して利益を出し続ける企業。 そのために経営者は、謙虚な学びから、人格的成長をめざし総合的な能力を身につけることが求められています。 また、中小企業の置かれている環境に注目し、進んでその改善に力を注ぐことも大切なことといえます。

自主・民主・連携の精神

いかなるところからも干渉も受けず、会員の自主性を大切にし、一部の人間の支配を避け、民主的なものの見方をあらゆるところで実践することが大切です。 そのために、会員同士の援け合いと外へ向けての協力団結を進めること。特に会内においては、お互いの人格的高まりあいから生まれる深い信頼関係が、連帯の中身となります。

国民や地域と共に歩む中小企業

社会的使命感と責任感を大切にし、反国民的行動は決してとらないことが求められます。 また、自社の所属する地域の発展こそが、自社の生きる道であることを深く認識し、人材の育成はもとより、地域活性化のための社会的な運動に参画し、金融アセスメント法の推進など、地域経済の発展に寄与していかなければなりません。

全国に約43,000社が加入

同友会全国マップ

中小企業家同友会は、日本すべての中小企業の繁栄と、そこに働くすべての人々の幸福をめざして、1957年(昭和32年)4月に設立されました。今では、47都道府県すべて(会員数約43,000社)に広がっています。2013障全交

同友会の特徴

  • 悩みや課題を持つ経営者が相互の経営体験を交流し、「一人ひとりが会の主人公」「お互いが教師であり生徒である」という謙虚な姿勢で学びあう
  • すべての業種が集まる異業種の経営者団体
  • 会員の自主性を尊重し、知り合い、学び合い、たすけ合いを日常的に追求
  • 財政は、会費を中心とした会員からの収入で成り立ち、中小企業家(会員)が手づくりで運営
  • 個人の思想・信条、社会的地位、企業の大きさ、新旧に関係なく、対等・平等に意見や要望を出し合い、相互理解のうえで運営
  • 特定の政党を支持せず、どの政党とも分け隔てなく接触し、会員個人の思想・信条の自由を保障

同友会がめざす企業像-21世紀型企業

  • 自社の存在意義を改めて問い直すとともに、社会的使命感に燃えて事業活動を行い、国民と地域社会からの信頼や期待に高い水準で応えられる企業。
  • 社員の創意や自主性が充分に発揮できる社風と理念が確立され、労使が共に育ちあい、高まりあいの  意欲に燃え、活力に満ちた豊かな人間集団としての企業。

奈良同友会について

 

設立 1987(昭和62)年6月4日
 
組織図  組織図

事務局案内

住所 〒630-8215 奈良県奈良市東向中町6番地 奈良県経済会館407号室
TEL 0742-25-5660(代)
FAX 0742-25-5666
Mail info@nara.doyu.jp
アクセスマップ

 

PAGETOP
Copyright © 奈良県中小企業家同友会 All Rights Reserved.